トゥモローゲートに依頼したら、
すごい新卒が入ってきました!
このノウハウがあれば、新卒採用もバッチリです!

このページでは、トゥモローゲートの「採用ブランディング」のサービス内容について説明します。
サービスの説明だけでなく、いい新卒を獲得するために必要なノウハウについても書いていますので、
新卒採用でお悩みの方はぜひご一読いただけると幸いです。

あなたの会社は新卒採用に
成功していますか?

  • 就職サイトに掲載したけれど、学生からの応募がまったく集まらない…。
  • 欲しい人材に内定をだしても、他社に逃げられてしまう…。
  • 入社してくれたのに、1年もたたずにすぐに辞めてしまった…。

そんなお悩みをおもちではありませんか?

今や、新卒は奪い合いの時代。昨今の新卒採用は、学生が自由に企業を選べる「超売り手市場」だといわれています。
よって、成長している企業ほど、いい新卒を採用するために積極的に投資し、自社の未来を担う人材育成に力を入れています。

ただ、新卒採用に積極的に投資している企業であっても、いい新卒が獲得できるかどうかはわかりません。
なぜなら、新卒採用のノウハウは中途採用とはまったく異なるからです。

新卒採用が中途採用と異なる理由は以下の3点です。

学生は、「価値観」や「社風」など、ソフト面で企業を選びがちである

中途採用の場合は、業種や事業内容、売上や給与など企業のハード面で会社を選びがちですが、学生の多くは社会人経験がないため、その企業の業務内容を深く理解できません。
よって、働いている社員の様子や、会社の理念、ビジョンといった気持ちの部分=ソフト面など感情的な部分で企業を選びます。

学生は横のつながりが強いため、クチコミで企業を選ぶ傾向にある

人生で初めての就職活動をする学生は皆、不安を抱えています。
よってお互いの不安を解消すべく、友人同士で情報交換をおこなっています。
そして、その友人はまた別の友人と情報交換をおこないます。

これはつまり、学生間で「あの企業は良い会社ではない」という噂が立つと、その企業のクチコミが一気に広がることを指しています。そうなってしまうと、その企業は、情報感度の高い学生たちの選択肢から外れてしまいます。

実務経験がないため、ポテンシャルを見抜く人事担当者の
「目利き」が重要である

先ほどもいいましたが、学生は基本的に不安を抱えています。
「自分は本当に立派な社会人になれるだろうか…」
そういった悩みをもちながら、就職活動をおこないます。
そのため、中には、本当は実力があるのに、その不安に押し潰されてしまっている学生も一定数います。

よって、そういった学生の隠れたポテンシャルを見抜き、学生の不安を取り除いてあげられる人事担当者とそのポテンシャルを見抜くための選考ノウハウが必要です。
中途採用であれば、これまでのキャリアなどを参考に相手の能力をある程度判断できますが、学生の場合は、思考や価値観という定性的な判断基準だからこそ、そこを見極める目利きの力はとても大切です。

いかがでしょうか。
新卒を採用するということは、このような“学生の特性”を理解しておく必要があるのです。

では、学生の特性を理解するにはどうすればよいのでしょうか?
その答えはカンタンです。

常日頃から、たくさんの学生と接し、彼らの「深層心理」を理解しようと努めることです。

ビジネスの世界では、顧客の「心理」を理解することが大事だといわれます。
顧客の心理を理解できずに、成功するビジネスなどありません。

新卒採用も同じです。
普段から学生と接することが少なかったり、学生の深層心理について理解しようとしない人事担当者が、新卒採用を成功させようとしても、ムリがあります。

だから、新卒採用に失敗してしまうのです。
私たちトゥモローゲートに採用ブランディングをご依頼をいただく最大の理由は、そこです。

私たちトゥモローゲートは、学生インターンの受け入れや、学生向け就活セミナーを実施する中で、
たくさんの学生と対面し、彼らの深層心理を学んできました。

断言します。

新卒採用を成功させるためには、学生の深層心理を理解することだと。

あなたの会社は学生から
見つけてもらっていますか?

さてここからは、少し話を変えて、新卒採用で利用する媒体について考えてみましょう。
新卒採用を考えた際、真っ先に頭に浮かぶのが、「リクナビ」や「マイナビ」の利用でしょう。

結論からいいますと、新卒採用において、学生への企業PRという意味で、「リクナビ」や「マイナビ」の2大媒体の威力は絶大です。

なぜなら、就職活動をおこなっている学生の利用率は、リクナビで93%、マイナビで95%(みんなの就職活動日記調べ)とほとんどの学生が2大媒体をつかって就職活動を行っています。

これはつまり、「リクナビ」や「マイナビ」の中で露出をすれば、それだけ多くの学生にエントリーしてもらえるということになります。

ただ、ここで注意すべきことがあります。
それは、「リクナビ」や「マイナビ」の中で露出するのは非常に難しいということです。

たとえば、大手企業は潤沢な資金をつかってこれらの媒体に対して莫大な予算を投下してきます。
また、大手企業はすでに知名度が高く、学生の注目も集めやすいため、ほとんどの学生は大手企業ばかりに目がいってしまうのです。これでは、知名度のない中小企業はたまったものではありませんね。

  • 大手企業ほど予算をかけられない…。
  • 大手企業ほど知名度がない…。

そういった中小企業が「リクナビ」や「マイナビ」で、たくさんの学生に見つけてもらい、選んでもらうにはどうすればいいのでしょうか?

そこで私たちが全力でオススメするのが、新卒向けの企業ブランディング。
すなわち、『採用ブランディング』を実施することです。

学生が貴社を選びたくなる
「採用ブランディング」とは?

「採用ブランディング」とは、貴社の想いや意志を学生に伝わりやすい形で「視覚化」し、
さまざまなプロセスを通して「体感」させることで企業と学生の間に生みだされる「約束」のことを指します。

それは決してデザインをかっこよくすることや、イメージをお洒落に変えることではありません。

最初にお伝えしましたが、学生は企業の「ソフト面」で企業を選びがちです。
残念なことに、貴社がどれだけ熱い理念や志を掲げていても、学生に伝わりにくいありきたりな内容では、学生に共感を与えることができず、その想いが届いていないケースがほとんどなのです。

貴社の熱い理念や志を伝えるためには、まずは強烈なメッセージの込められた、コンセプトやそれに紐づいたキャッチコピーで明確に「視覚化」し、学生に貴社の存在を知ってもらうこと。
そして、説明会や選考を通して時間をかけてゆっくりと貴社の理念を「体感」させ続ける必要があります。

STEP1 : 視覚化

貴社の存在を強烈な
コンセプトでアピール

(就職サイト、合同説明会、リクルーティングサイト)
STEP2 : 体 感

貴社の想いや志を一貫した
メッセージで伝える

(パンフレット、動画、説明会、選考 etc)
STEP3 : 採用成功

新卒即戦力人材の獲得

たとえば、私たちトゥモローゲートでは、以下の戦略を用いて優秀な新卒を獲得してきました。

私たちトゥモローゲートは2010年4月に設立した、まだまだ新しい会社。
当時は学生への知名度はまったくありませんでした。

それにもかかわらず、以下の戦略をとったことで、7,000人以上の学生が応募をし、その中から厳選された優秀な新卒が毎年1名~2名ずつ入社してきてくれたのです。

トゥモローゲートが実行した
新卒獲得のおもな採用ブランド戦略

  • STEP1 : 視覚化
  • 採用ブランド戦略 01理念を体現するような真っ黒なオフィスを借り、
    家具などすべてをDIYで黒く塗りつぶす。

  • 採用ブランド戦略 02リクナビ、マイナビに「ようこそ、ブラックな企業へ」と記し、会社の理念やビジョン、社内制度や働く社員を学生目線の文章で魅力的に訴求

  • 採用ブランド戦略 03自社の採用サイトを、まるでブラック企業であるかのように見せかけ、学生の興味やクチコミ高められるようWEBデザイン

  • STEP2 : 体 感
  • 採用ブランド戦略 04説明会では自社の理念やビジョンを肌で感じてもらえる動画やパンフレットを盛り込み社内カルチャーを共有

  • 採用ブランド戦略 05面接ではゲーム形式の選考や、ディナー面接など徐々に自社の理念やビジョンを理解してもらえるよう、段階的なリードナーチャリングを実施

  • 採用ブランド戦略 06採用時にミスマッチとならないよう、相手のポテンシャルを深く理解するために選考インターンシップを導入

  • STEP3 : 採用成功

トゥモローゲートが自らをもって経験した採用ブランディングの大切さ。
たしかに、トゥモロゲートがおこなった新卒採用の戦略はトゥモロゲートに最適化されたものです。

しかし、この戦略の中には、再現性のあるノウハウがたくさんありました。
そして、そのノウハウを他社さまにお伝えすると、新卒採用に成功する企業が続出したのです。

そこで私たちは、このノウハウをもっともっと確度の高いものに組み上げ、必要としてくれる企業さまに提供したい、と考えるようになりました。

「なぜ、この施策は学生に刺さるのか?」「さまざまな業種において、もっとも刺さる施策はなにか?」

そういったことを研究し続け、ようやく、数百を超えるロジックが出揃いました。
そうして生まれたのが、トゥモロゲートの『採用ブランディング』のサービスです。

驚くほど優秀な新卒を獲得!
お客様の成功事例

トゥモローゲートの『採用ブランディング』のサービスについて詳しくご紹介する前に、
私たちがお手伝いしたことで優秀な新卒を獲得されたお客様の事例をいくつかご紹介します。
ここで紹介するお客様の事例はほんの一部ですので、もっと成功事例を詳しく聞きたいという方は、お問い合わせください。

アパルトマン株式会社総務部/採用担当 谷川 早紀 様

内定者に鮮烈な印象を残した、
企画とデザイン。

業 種不動産業・コンサルティング職 種営業職
設 立平成元年11月2日資本金9,930万円
社員数200〜300名本 社大阪府吹田市

トゥモローゲートさんはとにかくフットワークが軽く、どんな小さな悩みや相談にも真剣に応えてくれる、というのが率直な感想ですね。(笑)
こんなに連日の電話やチャットを使ってやり取りして、仕事を進めたこと自体が初めての経験でした。
「うちの東京での採用が苦戦しているんで、何とかなりませんか?」
という漠然とした相談にも、その日のうちに対応策を提案してくれる。
このレスポンスの速さは見習うものがありましたね。

MORE
中央会計株式会社サブマネージャー 澤田 恭平 様

尖った企画で、業界では採りにくい
学生層にもアピール。

業 種会計コンサルティング職 種会計コンサルタント
設 立昭和61年4月資本金6,500万円
社員数20〜30名本 社大阪府大阪市

業種は違えど、私たちも同じコンサルティングサービスを行なっていますので、コンサルティングを入れるということに対しては、特に抵抗ありませんでした。
いい情報が素早く集まるので、どんな分野でもスピード感のある成長に対して、とても効率の良い手段かと思います。
とくに採用のノウハウやトレンドなどは、検索してもわからないことが多いので、専門的にやっているプロに現場レベルのアドバイスをいただくことは、とても有益だと感じています。

MORE
株式会社トレジャー代表取締役 神木 真 様

会社の「想い」を具現化し、
学生+社員に伝える。

業 種商社職 種営業職
設 立2008年3月資本金2,300万円
社員数30〜40名本 社大阪府吹田市

手に取れるようで取れなかった「想い」の部分を、とても分かりやすく形にしてくれたことですかね。
自分たちがどのような事をしていて、事業を通して誰に何を伝えたいのか、ということを、一緒に具現化していただき、制作物にもしっかりと落とし込んでくれました。
私たちは思いをキャッチーな言葉にして伝えることや、それをデザインに起こしたりすることは上手ではありません。
なので、プロに依頼することで学生だけではなく、弊社社員にも改めて会社の思いをしっかりと伝えることができたのはとてもいい機会でした。

MORE
タカラ産業株式会社総務部/人事総務課 川上 昭弘 様

「らしさ」をより反映した
企業イメージへ一新。

これまで製品や製造過程を中心に、コーポレートカラーである青で無難にまとめていたツール類は、カラフルな原色で社員の個性を前面に押し出したものに一新。
視覚的にも内容的にも「タカラ産業らしさ」が反映されていて大変気に入っています。

MORE
株式会社ブロードエンタープライズ人事・総務部/部長 明治 崇 様

コンセプト全てが一貫した、
ブレない採用ストーリーと演出。

採用コンセプトは「ブロードウェイ」という企画。
率直にオモシロイと思いました。

コンセプトに沿った採用サイトや動画、説明会の流れや演出、そして一次選考の内容まで、すべて一貫したツールとストーリーで展開していただきました。

MORE
株式会社玉屋経営戦略室 人財部/採用課 橋野 伸 様

同業他社の反響までも跳ね上がった、
インパクト抜群のツール。

ツールを作り上げる過程での打合せも楽しかったですね。
新しい採用のノウハウやポジティブな解決策を提案いただき、毎回いただく資料にしても、視覚的に大変ユニークで、こんなものができるんだというイメージが湧きやすかったです。

MORE

以下のような企業さまに、
トゥモローゲートの
「採用ブランディング」を
強くオススメします

  • 1、「リクナビ」や「マイナビ」を使い続けているけれど、思うように学生がエントリーしてくれず困っている
  • 2、せっかくいい学生がきているのに、選考辞退や内定辞退されることが多く困っている
  • 3、高い費用を払って人材コンサルティング会社に依頼をしているけれど、成果がでていない
  • 4、社内に採用のノウハウがなく、どうやって新卒採用すればいいのかわからない
  • 5、先代から会社を引き継いだので、自分のカラーをだした企業ブランディングを展開したい

トゥモローゲートなら、上記の悩みをすべて解決できます。

トゥモローゲートが選ばれる理由

  • 新卒採用の企画・制作に特化しているので他社ではできない尖った新卒採用を提案できる
  • すべての企画・制作を自社ディレクター、デザイナーで設計しているためクオリティに対するコストパフォーマンスが高い
  • 常時学生インターンが約20名稼働しているので、学生の生の声を企画に反映させることができる
  • 学生の深層心理に基づく採用ブランド戦略を、さまざまな業者を使わずにトゥモローゲートだけで完結できる
  • トゥモローゲートがもつ採用ノウハウを、以降の自社採用にすべて活用していくことができる

「採用ブランディング」の
料金プラン

さて、ここまで「採用ブランディング」の概要についてお伝えしてきましたが、結局いくらぐらいの費用がかかるのか?とても気になるところですよね。

トゥモローゲートでは採用ブランディングを企業改革の一つのプロジェクトとして位置づけ、その費用を月額のコンサルティングフィー(年間契約)としていただいています。

費用については月額40万円~60万円がいちばん多い費用感です。

つまり採用のプロフェッショナルを1名~1.5名雇う費用感で、貴社の今後の未来を左右する新卒採用を変える、採用ブランド戦略の土台をつくることが可能です。

この費用の中に就職サイトの構築や、採用サイト、採用パンフレット、リクルーティング動画、説明会・選考会のプロデュースまでが含まれています。

もちろんお客様のご要望に合わせて、最適なプランをご提案させていただきますのでまずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら
どんなことでもお気軽にお問い合わせください

「採用ブランディング」の
導入までの流れ

「採用ブランディング」は、1年間の採用プロジェクトとしてサービスをご提供します。