MESSAGE 代表挨拶

MESSAGE

ブランディングは魅せかたではない
失敗から学んだブランドづくりの本質

創業当時の僕は「見た目を良くすればひとが集まる」と勘違いしてました。カッコいいホームページを作れば、お洒落なオフィスにすれば、ひとが集まり売上が上がり会社に利益が残るのだと。でもそうではありませんでした。

どれだけ外見を綺麗に取り繕ったところで、会社の商品やサービス、働く社員に触れた時に、言ってることとやってることがズレている会社にブランドなんてものは生まれないことを痛感したのです。

ブランドとは約束。なぜやるのか?どのようにやるのか?ビジョンに沿った体験の積み重ねが信頼となりブランドになるわけです。経営に期限とゴールを決めましょう。やっていいことと悪いことの判断基準を決めましょう。自分たちの企業哲学を明文化することからはじめましょう。デザインの話はそれからです。

ブランディングとは
中小企業がすぐやるべきブランドづくりのやり方

トゥモローゲート株式会社
代表取締役 西崎康平

COMPANY